• 創業23年、川崎・横浜で看板を作るなら当社にお任せください

お店を新規オープンするということで壁面看板とウィンドウサインのご相談をいただきました。

現状は以前の店舗で使用していた木製の壁面看板がついていました。

この看板はいつからついているのか不明だったため万全を期して撤去し、新規で看板を製作することになりました。

木製の看板は木の腐り具合が分からないのと長期では使えないので良いご判断だと思います。

お打ち合わせし、看板の素材や文字なども決まりましたので製作し取付けになります。

まずは既存の看板を撤去します。

黒くなっているところは腐り始めているところです。やはり、雨に一番あたる上部は一番黒くなっています。

その他の縦桟はまだそこまで黒くなっていませんでした。

すべて取りきりました。

ビスが残っているところはサンダーで平らにします。

次に新しい看板を留めるための金具をつけます。

この金具は画像で見えている部分は金属のままですが上と下は看板と同じシートを貼っています。

ですので目立たないようになっています。

上下8ヶ所で留めていきます。

照明器具を取付けるのでまずはその下準備です。

看板のフレームにコードを通す穴をあけていきます。

準備が出来たらいよいよ取付けです。

まずは屋内から伸びている電線に先ほど準備した電線をつなぎます。

つないだら看板を先ほどのステーにとりつけていきます。

すべてビス留めし、投光器の角度を調整したら完成です。

ウィンドウサインのシートも貼付けました。

こちらは看板の文字と違い筆で書いたような書体になっています。

看板のシートはお客様との打合せで木目の柄のシートが良いとのことでカタログを持ってお邪魔し、こちらの木目調になりました。

色々な種類がありますので見ていると迷ってしまいます。

今回は店内も「木」を意識した温かい雰囲気なので看板もそうしましょうということになりました。

とても良い選択だと思います。

看板面の文字はカルプ文字と言って大変軽い素材で出来ています。今回の厚みは30mmです。

文字が立体的になるのでおしゃれな感じがします。

お店はカフェになります。

オーナーさんはバイオリンを弾く音楽家の方でピアノを弾く友人などを招いて生演奏を聞かせてくれるそうです。

生演奏を聞きながらお酒を嗜むのも良いですね。

オーナーさんはとても気さくな方だしお店の雰囲気も良いので是非足を運んでみてください。

Arco様この度はありがとうございました。

川崎市、横浜市で看板を作るなら創業23年の看板屋「川崎看板」にお任せください!