• 創業22年、川崎・横浜で看板を作るなら当社にお任せください

不動産屋さんの管理地を示す野立看板の製作及び設置のご依頼をいただきました。

看板のサイズはヨコ1200mm×タテ910mmになります。
910mmって何か中途半端なような気がしますが、この910mmというのは材料であるアルミ複合板の素のサイズが910mmだからなのです。900mmの方がキリも良いのでそちらでも良いのですがそのまま910mmでいかれるお客様も多いです。

仕様はアルミ複合板+塩ビシート+インクジェット出力+ラミネート加工。
足は単管2本になります。

板面の裏は30×40の白いペンキで塗装した垂木で木枠を作りました。
この方がきれいだし長持ちします。

看板を立てる前がこうです。

いつも通り穴掘り用のショベルを使って足を埋めるようの穴を掘っていきます。
ある程度掘ったら足を差し込みます。

水平をとって土を入れ少し固定します。
その後、モルタルを入れ強風でも飛んでいかないように固めます。

そして、完成です。

けっこう広めの土地なので通りに面した所に設置しました。

通った人は必ず目にとまりますね。

山協商事様ありがとうございました。

川崎市、横浜市で看板を作るなら創業22年の看板屋「川崎看板」にお任せください!